銀登美(ぎんとみ)

5,500 円 〜
/ 人

厳選した魚介を江戸前ベースに、“つまみになる鮨”に仕立てる銀座の鮨店

新橋駅から徒歩約5分。銀座8丁目に店を構えるのが『銀登美(ぎんとみ)』。店主の高橋 哲久(たかはし てつひさ)氏が握るスマートな鮨に惚れ込み、足を運ぶ常連客も多い。高橋氏は18歳で日本橋蛎殻町『都寿司』に入店。その後、日本料理店や父親が営む『銀座 江戸銀』を経て、『銀座おのでら』へ。研鑽を積んだ後、2018年に『銀座 江戸銀』をリニューアルし、自身の鮨店『銀登美』をオープンした。

店名に入る“登美”は、父親の名前から取ったもの。江戸前ベースの鮨をつまみとして食す“つまみになる鮨”という『銀登美』の鮨スタイルも、父親から受け継いだ。酢飯は酒粕が原料の赤酢でキリッと塩気をきかせる。しょっぱさが強くならないよう、羽釜でお米の旨味をしっかりと引き出し、その酢飯に合うように鮨ダネを仕込む。

マグロの仕入れは、豊洲市場のマグロ専門仲卸より。「近海ものが人気だが、季節によっては海外の天然本マグロを提供し、その良さをお客様に広く発信したい」と、高橋氏は今後の漁場の状況も見据え、最良の魚介確保に余念がない。日本酒は季節の物を数種類ご用意。ワインや洋酒、焼酎、ソフトドリンクなどもゲストのリクエストに添えるように取りそろえる。

高橋氏のさらなるこだわりは、居心地の良い空間作り。「鮨という伝統的な食文化に携わっているからには、内装も職人の手によるものを」と話す。ヒノキ一枚板のL字型カウンター(9席)は、『銀座 江戸銀』時代からのものを引き継ぐ。内装は贅沢に使用した杉材や淡路の土、砂、藁で仕上げた土壁、人間工学に基づいて作られたオーダーチェアは、ゲストから「長時間座っても疲れない」と好評だ。

こだわり抜いた鮨と高級感あふれる設えに背筋が伸びるが、和やかな会話と心のこもったサービスに緊張も解れる。家族や友人、仕事仲間との会食やデートで利用され、非日常的空間の中でシンプルに『銀登美』の味を楽しんでいただきたい。

■アクセス
JR山手線 新橋駅 銀座口 徒歩5分
東京メトロ銀座線 新橋駅 3番出口 徒歩5分

アクセス

FAQ

  • 個室はありますか。

    ございません。

  • お客様の記念日などに、特別なデザートやメニューを用意していただけますか。可能であれば、詳細を教えてください。

    対応いたしかねます。

  • ビールのメーカー(銘柄)を教えてください。

    サッポロ、サントリー及びアサヒは(瓶)、ノンアルコールビールはサントリーでございます。

  • ドリンクの持ち込みは可能ですか。

    可能でございます。持ち込み料は、1本につき3,000円(税別)頂戴いたしております。

  • お子様の来店は可能ですか。可能な場合、お子様用のメニュー対応はありますか。

    中学生以上のお子様のご来店は可能でございます。

  • 写真の撮影は可能ですか。

    可能でございます。

  • 貸し切りは可能ですか。予約可能人数と最低予算も教えてください。

    可能でございます。ご予約可能人数は、5~9名様までとさせていただいております。

  • 取り扱っているお酒の種類と、その中でおすすめのお酒を教えてください。

    ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎、シャンパンを揃えております。

  • アラカルトの注文やベジタリアン向けのメニューなどの特別対応は可能ですか。

    対応いたしかねます。

  • 外国語のメニューはありますか。

    ございません。

  • 外国語の対応が出来るスタッフはいますか。

    おりません。

  • ドレスコードはありますか。

    ございません。

  • 最寄り駅からのおすすめの交通手段は何ですか。

    徒歩でございます。

コース

ランチ
にぎりコース
5,500 円 / 人
ランチ
にぎりコース
8,800 円 / 人
ランチ
おまかせ
11,000 円 / 人

店舗情報

店名

銀登美(ぎんとみ)

ジャンル

寿司

営業時間

Lunch:[火~土]12:00~14:00(L.O.)          Dinner:[月~金]18:00~22:00(L.O.)[土]18:00~21:00(L.O.)

定休日

日曜日,

アクセス

東京都中央区銀座8-7-7中央林ビル1F

おすすめのレストラン

予約

×
銀登美(ぎんとみ)
銀座・新橋・有楽町
予約